世田谷区民の雇用

平成17(2005)年度に策定した「世田谷サービス公社経営基本方針」のもと、<障害のある方><高齢の方><中高年齢の女性>など働く意欲のある区民の方々を積極的に雇用しています。

雇用状況

障害のある方が地域で安心して暮らせる社会の実現をめざして、平成18(2006)年4月に施行された「障害者自立支援法」では、「就労支援の抜本的強化」が大きなポイントになっています。当社では、平成元年度から障害のある方の雇用に取り組み、現在では、「総合福祉センター」など当社が維持管理・運営する15施設(17部門)の清掃作業などに欠くことができない重要な戦力として活躍中です。

  第30期 第31期 第32期 第33期 第34期
平成26年度
2014年
平成27年度
2015年
平成28年度
2016年
平成29年度
2017年
平成30年度
2018年
全社員数 751 769 793 820 831
障害のある社員 80
(10.7%)
80
(10.4%)
87
(11.0%)
91
(11.1%)
91
(10.9%)
60歳以上の社員 395
(52.6%)
419
(54.5%)
434
(54.7%)
429
(52.3%)
428
(51.5%)
女性社員 430
(57.3%)
429
(55.8%)
429
(54.1%)
438
(53.4%)
452
(54.3%)
区内在住の社員 545
(72.6%)
545
(70.9%)
559
(70.5%)
562
(68.5%)
574
(69.0%)

各期4月1日現在、単位:人
()内は全社員に占める割合

ページ上部へ