CSR

世田谷サービス公社CSR

CSR基本方針

 私たち世田谷サービス公社は、CSRに基づく経営を企業活動の基盤と位置づけ、人権の尊重とコンプライアンスを最優先に、事業を通じ社会の課題解決に貢献することで、持続可能な社会の発展に貢献するものと考えています。この考えのもと、お客様、株主、調達先、従業員など、さまざまな関係者(ステークホルダー)の皆様と対話をしながら企業活動を行います。また、従業員一人ひとりは世田谷サービス公社行動基準(以下、行動基準)に基づき行動します。

  1. 全社を挙げてCSRに基づく経営活動を推進します。
  2. 世田谷サービス公社品質マネジメントシステム(SQMS)による品質管理と、おもてなしの心による質の高いサービスの提供に努めます。
  3. 人権とコンプライアンスを最優先とし、事業を通じて社会課題の解決に貢献します。
  4. 関係者との相互信頼に基づく企業活動を実践します。

 当社のCSRは、ISO26000に準拠し、SDGsへの対応を視野に入れて定めた「CSR基本方針」に基づき実践していきます。実践にあたっては、下記の概念図にあるように、取り組み課題をISO26000におけるCSR7つの中核主題に分類し、常に社会的責任を意識し、事業活動などを通じて社会的責任を果たしていきます。

企業活動

1.企業統治

ガバナンスの強化

 私たちは、社内外の監査・評価による統治体制により、ガバナンスの強化と企業価値の最大化に取り組んでいます。

sdgs16

sdgs17

企業統治

2.人権の取組み

 私たちは、事業活動を行ううえで適用される法律を遵守するとともに、人権に関する、国際人権章典や「労働における基本的原則および権利に関する国際労働機関宣言」、国連「ビジネスと人権に関する指導原則」を基本とした「人権方針」を定め人権を尊重する行動に取り組んでいます。

sdgs3

sdgs4

sdgs5

sdgs8

3.だれもが輝いて働く企業を目指して

 私たちは、「人権方針」に基づき、多様な人材の特質を伸ばし、だれもが輝いて働きがいのある人間らしい仕事ができるように、人材育成や女性活躍推進、ハラスメントの防止などについて方針を定めて働きやすい労働環境の整備に意を注いでいます。

sdgs3

sdgs4

sdgs5

sdgs8

4.調達における社会的責任

 私たちは、顧客などの関係する皆様(ステークホルダー)からのご要望を考慮し、また世田谷区の環境基本条例、公契約条例やISO26000などに沿った調達方針に基づく調達を行います。

sdgs10

sdgs11

sdgs12

5.環境に配慮した事業活動

 私たちは、「環境基本方針」を定め、社会的責任に関するISO26000の枠組みの中で、経済発展と環境保全の両立による持続可能な社会の発展を支援する取り組みを推進していきます。

sdgs6

sdgs7

sdgs9

sdgs11

sdgs12

sdgs13

sdgs14

sdgs15

6.世田谷サービス公社品質マネージメントシステム

 私たちは、独自の品質マネジメントシステム「世田谷サービス公社品質マネジメント システム(SQMS)」に基づき、顧客満足度を重視した良質な区民サービスを提供します。

SQMS

7.地域コミュニティーへの参画と社会貢献

地域参画基本方針

 私たちは、将来の世代により良い社会を繋げることを目指し、事業活動や障害者、高齢者などの地域雇用などを通じて、世田谷区や地域の皆様からのご期待にお応えし、さまざまな地域課題の解決に取り組んでいきます。

障害者雇用推進計画

 私たちは、地域社会の発展と区民福祉の向上に寄与することを目的として、高齢者、女性、障害者および地域雇用に重点的に取り組んでいます。障害者雇用については、地域貢献企業として、計画的に雇用の拡大などに取り組むため、「障害者雇用推進計画」を策定し、雇用の拡大および公共的役割の充実・強化を図っています。

sdgs1

sdgs2

sdgs4

sdgs11

sdgs17

8.世田谷サービス公社の取組状況

 当社の取り組み課題をISO26000の中核主題に基づき分類し体系化し SDGs の目標との関係を表のとおり整理しています。

この取り組み内容は、「CSRレポート2019」のP44~掲載している「2019年度の取り組み実績と2020年度の計画」のとおりです。

ページ上部へ